ミツロウで作る簡単エコラップの作り方ワークショップ

布にミツロウと松ヤニを染みこませて作るエコラップ。自然素材で作っているから直接食品を包んでも安心。簡単に洗えるので繰り返し使うことができます。サッとお皿にかぶせて冷蔵庫で保存する時や野菜をくるんで保存する時など、使い方は工夫次第。初心者でも簡単にトライできるように、材料をキットにして事前にお送りします。あとは当日オンラインでワークショップに参加するだけ。
作り方を覚えてしまえば、あとで自分の好きな布で作ることも出来ますよ。

【みつろうエコラップ】ワークショップ

必要な材料はお申し込み後、郵送で届きます。あとはアイロンとアイロン台を準備して、当日はZoomを使いオンラインでワークショップに参加。
 講師のやり方を見ながら一緒に作っていきましょう!もちろん、質疑応答も可能です。
※ご準備いただく材料や器具は下記をご参照ください。

■日時:2020年9月29日(火) 10:00-11:30
■参加費:3,800円(税込)
※お支払方法や当日の受講方法、申込確認についてなどよくある質問を必ずご覧ください。
■場所:オンライン(Zoomを利用します)
■定員:6名
■講師:SHI-NOさん
■主催:SEASIDE OFFICE

<開催が終わってから~雑記>
当日まで手探りな感じのイベントになりました。材料を事前に発送するというイベントも初めてでしたが、講師のSHI-NOさんもZoomでのオンラインイベントは初めて。感想や反省点など覚え書きとしても記しておきます。

参加者は3名。みなさん本土の方で、「ミツロウを使ったエコラップに以前から興味があった」という理由でのご参加でした。今回はすでに必要な材料を初心者用キットとして送っているのでそこが気軽だったようです。
作業はとても楽しそうにされていて、こちらも嬉しくなりました。

Zoomで難しかったところ
・実際に参加者の方の作ったラップに触ることが出来ないので、厚みとか堅さなどを確認できない
・参加者の方のお顔が映っているけれど、手元も同時に映すのが難しかったので経過の確認が出来なかった

やはり、オフライン開催のイベントと違って、その場にいて全てを見ることが出来ないというところが想定できていなかったですね。このあたり、今後工夫が必要かも。

反省点
・カメラ3台で手元と、全体が見える位置、参加者の方の見えるPCと準備したけれど音声の事をきちんと考えていませんでした。マイクやスピーカーはハウリングすることを考えたり、音声の届く範囲などいろいろテストしないといけないです!

でも、SHI-NOさんも「やってみて良かった」ということで、「来月もまた同じのなら出来るかな」とオンラインでの開催に自信が持てたようでした。

後々材料の補充販売も検討したいとのことだったので、そのあたりを次はしっかり考えて開催したいです。